NEWS

最新ニュース

2017.06.28

国際交流事業でリトアニアから山県市の工場に訪問

2.JPG1.JPG


 市とリトアニアのパクルオイス市との国際交流事業で、6月23日、パクルオイス市長をはじめとした27人の訪問団が大桑の食器棚等の家具製造工場を訪問しました。

 リトアニアでは、家具の多くが木材を使用して作られており、訪問団の方々は自国とは違う木材質が使用されていることなどに興味を持ったようでした。

 また、普段従業員以外が入室することができない作業場で、ロボットを使用した製品の組み立てや作業員による徹底した品質管理等の実際に家具が製作されている様子も見学することができ、山県市が誇るものづくりの技術を目の当たりにすることで、日本での良い思い出のひとつとなったようでした。